井坂京子 口コミ 評判

井坂京子 プロフィールや評判

画像1

坂京子は高校の国語教諭として働く一方で、自分の体験に基づいた吃音の改善法をインターネットを通じてアドバイスしている。1948年生まれ。

幼少の頃からどもりはじめてしまい学生時代にはいじめられ、教師として就職した後も苦労を重ねることになる。

しかし吃音矯正所で知り合った人からのアドバイスにより、独自のトレーニングをすることでわずか1ヵ月程度で吃音を克服。その後は国語の先生として教鞭をとり続け現在に至っている。

近年になって自らの経験に基づいて吃音を改善する方法をまとめてインターネットで公開したところ、吃音症に悩む人に口コミで評判になっている。

またどもりをテーマにした小説「吃音センセイ~桜舞う校庭で~」(講談社)の主人公京子のモデルになっているのは井坂京子である。

井坂京子からのメッセージやプログラムについてはこちら

口コミ・評判は?

画像2

7歳の娘がどもりでからかわれたことをきっかけに吃音改善プログラムを購入しました。トレーニングは小学校低学年でも無理なくできるものでよかったです。最近は言葉がでないことも少なくなってきました。


画像3

もう還暦を過ぎた母は軽い吃音でずっと悩んでいました。年齢的にあまり期待はしていなかったのですが、毎日何度もトレーニングをしていたら2ヶ月半くらいで、ほとんどどもりが気にならなくなりました。みんなで驚いています。


画像4

内向的な性格なのに加えてどもりが気になって友達も少なく人を話すことを避けるようになっていました。そんな時に母から教えられたのが吃音プログラムでした。「何だか変わったね」と言われるようになり整形でもした気分です。


この人たちが実践した吃音改善プログラムはこちらのページでご覧になれます。

関連