ジニアスeye

更新日:

ジニアスeyeの効果は?視力回復の理由

ジニアスeyeは、ニンテンドーDSソフトの「目で右脳を鍛えるDS速読術」などで知られる川村明宏博士が監修したゲーム感覚で視力回復できるサービスです。視力回復法についてのマニュアルとトレーニングをするための会員専用ウェブサイトから構成されています。

川村明博博士は速読など能力開発の研究で社会文化功労賞を受賞するなど実績がありますが、速読の実践者が「速読をはじめてから目がよくなった」という事例に注目。そこから視力回復についての研究がはじまりました。

長年の研究の末に一般的な視力低下は、

・眼球の筋肉を使わないことによって眼筋が衰えること
・ストレス過多による眼球の血行不良になること

が大きな原因だと捉え、速読術で成果が上がっている「目の運動」をアレンジしたところ視力回復に成功する人が続出しジニアスeyeの公開に至りました。このようにジニアスeyeは、パソコンのトレーニングサイトでゲームをするように目を鍛えることで視力回復を図る方法です。

そのため視力矯正器具・サプリメントなどの利用はなく、もちろんレーシックのような手術もせずに目が良くなります。またマニュアルでは、視力の回復法だけではなく視力低下の原因・視力を維持する方法についても具体的に解説されています。

パソコンで行うトレーニングは特別に難しい操作が必要なわけではないので、小学生から高齢の方まで問題なく行えるでしょう。時間も1日10分程度なので無理なく取り組めます。

2008年のサービス開始から15,000人以上が利用している実績がありますが、万が一90日以上試しても効果を実感できないという場合には全額返金される保証があるので安心です。

ジニアスeyeの申込みはこちらからできます。


口コミ・評判

ジニアスeyeを実践した人の口コミをご紹介します。参考にしてください。

 

仕事で毎日パソコンとにらめっこで読書も好きなので視力が低いのも目を酷使しているからだと思い込んでいました。それがまさか逆に目を使っていないから視力が低下しているとは意外でした。ジニアスeyeのトレーニングをしているうち視力も0.9程度にまでなって家では眼鏡がなくても大丈夫になりました。

 

レーシックを受けようと決心しかけていたときにジニアスeyeを見つけました。手術が怖い気持ちがあったので最後に試してからにしようと予定変更。本当にゲームをしているようでこれで視力が回復するのか半信半疑でしたが0.1もなかった視力が1.0になっていました。経済的にもレーシックの10分の1以下で住んで嬉しい誤算です。

 

面倒くさがり屋の私には1日10分のトレーニングも大変でしたが半月くらい続けているとテレビがはっきり見えるようになるのを実感できました。毎月お金がかかるわけでもないのでこれまで目にいいと思って飲んでいたブルーベリーのサプリメントよりも全然良いと思います。返金保証があると思い切って申込をして良かったです。

 

他の口コミや感想はこちらのページでご覧いただけます。


おすすめできる人・できない人

ジニアスeyeは非常に幅広い年齢層の人が実践しており、効果も実感していることから視力に悩む人にはどなたにでもおすすめできます。しかし、

  • インターネットに接続されたパソコンがない人(※トレーニングに必要なため)
  • 1日10分のトレーニングを2週間程度継続できる自信がない人

は購入しない方がいいでしょう。またどうしても実感できるまでには個人差があるため即効性を求める人にもおすすめできません。このような場合はレーシックしかありません。

反対にマニュアルを読んで1日10分だけゲームをするようにトレーニングができる人で目を良くしたいなら試してみる価値があると思います。

ジニアスeyeについてもっと詳しく知る