林式初めてのTOEIC TEST スピード600

更新日:

林式初めてのTOEIC TEST スピード600について

林式初めてのTOEIC TEST スピード600は人気TOEIC講師の林志穂さんが作成した600点を目指す人を対象にしたサービスです。600点をとるための勉強法をまとめたマニュアルと林志穂のメール相談で構成されています。

教材のコンセプトは、英語アレルギーで苦手意識がある人・やOEIC初学者の人でも、1日2時間の勉強を2ヶ月続ければ600点をとれるようになるということです。

リスニング【PartT(写真描写問題)・PartU(応答問題)・PartV(会話問題)・PartW(説明文問題)】、リーディング【PartX(文法穴埋め問題)・PartY(長文穴埋め問題)・PartZ(読解問題)】の各パート別に「どんな参考書・問題集を使って、どうすれば得点アップするのか?」が具体的にわかります。

600点〜700点くらいまでのスコアでは「どうやって勉強したらいいのか?」ということに悩む人が多いですが、林式初めてのTOEIC TEST スピード600を利用することで勉強のやり方で悩むことはなくなるでしょう。

またテクニック的に走ってTOEICのスコアだけを上げようとする方法ではなく、英語力の向上を目指した上でTOEIC TESTに最適化するノウハウなので、TOEICの勉強を通じて“使える英語力”身につけたい人にもおすすめです。

なおマニュアルの内容に沿って勉強した後に3回TOEICを受験しても一度も600点を超えなかったとこには代金が返金される保証があるので安心です。

林式初めてのTOEIC TEST スピード600の公式サイトはこちら


口コミ・評判

林式初めてのTOEIC TEST スピード600を実践した人の感想をご紹介します。

 

最近の受験で610点をとれました。半年くらい前に就職活動に少しでもプラスになるように受けた最初のTOEICは300点代だったことを考えると驚くようなスコアです。林志穂さんのマニュアルで良かったのは“600点をとるために必要なこと”が明確になったので勉強法に迷いがなくなったこと。コツコツ頑張ってよかったです。

 

林式をはじめて3ヶ月くらいで受けたテストでちょうど600点くらいになりました。100点以上点数が伸びたことになります。それでも嬉しいのですがスコアの伸び以上に“実際の英語力”の向上が感じられていることです。仕事で英語を使う機会がたまにあるのですが以前より格段に理解できるようになっています。

 

やはり英語に苦手意識があってTOEICのスコアも伸び悩んでいる人が多く購入しています。これまでもTOEIC入門的な参考書はたくさんありましたが、現状で600点以下の英語力の人がどうやって勉強したらいいか?をここまで詳しくまとめたものはなかったことが人気の理由だと思います。

他の口コミ・感想などはこちらからご覧ください